第22回御嶽教教師青年部会総会

例年による教師青年部会総会を平成20年6月21日〜22日開催致しました。
本年度の講習会講師は八海山本部大教会 大桃公湛先生による
「法螺貝の吹き方」をお願いしご教授頂きました。


@大桃公湛先生による「法螺貝の吹き方」

              

                  

                 

                
        
                

                                                      
 

 第22回青年部講習会に参加して         丸江一心千葉教会 齋藤 久枝

 平成20年6月21・22日、大和本宮にて青年部会総会・講習会が行われました。
今回は八海山本部大教会の大桃公湛先生を講師にお招きし、「法螺貝の吹き方」がテーマでした。
普段、私の教会では法螺貝を使っておりませんので大変興味深く参加させていただきました。
初日はまず法螺貝を吹くには作法があること、そして音には天音(高い音)と地音(低い音)があり
音の高低は上唇を使うか下唇を使うかによって違ってくることなどを教わりました。
実演講習は練習用のペットボトルにて行われ、音が出せるようになったので
法螺貝をお借りし吹かせていただきました。
初めて手に持った法螺貝は思っていたよりもずっと重く感じられましたが、
何度も繰り返し練習し初めて音が出た時は感激いたしました。
そして法螺貝は大きさや重さだけでなく雌雄によって微妙に音色が違うことを教わりました。
また吹き口の違いで音を出し易いものとそうでないものがあることを知り驚きました。
慣れないせいか、つい練習に力が入り後になって口の周りにペットボトルの丸い痕が残ってしまった
事に気付き恥ずかしくなりましたが、真剣に取り組んだという証でもあるので良い経験だったと思います。
 二日目青年部会総会後の講習では村鳥管長様をお招きし、初日の練習の成果を披露することになりました。
私は二番目でしたので緊張する間もなく必死に吹きました。
天音・地音など、微妙な違いではあるもののどうにか吹くことができ安心しました。
今回の講習では、普段触れることのできない貴重な経験をさせていただきました。
また他の先生方との親睦も深めることができ、良い経験が積めたのではないかと思います。
是非、次回の講習会にも参加させていただきたいと思っております。有難うございました。